賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

賃貸物件の収納スペースについて

賃貸物件を選ぶときに収納スペースは重要な要素だと思います。部屋は生活空間として最低限必要な機能だけではなく、圧迫感を感じさせないようにある程度の余裕を持った天井の高さのように精神衛生上好ましくない状況は避けるようなつくりをなす要素が存在します。つまり、部屋の空間を無駄なく使っていることが最善ではないということが、収納スペースの部屋に占める割合を決定するうえで非常に難しいものとなります。例えば、身長180センチの人が住むために、床から天井までの高さは絶対に180センチなければならないということはなく、無駄な空間をなくすために部屋の設計において、生活空間を高さ100センチだけ残して残りを収納スペースにするということも可能ではあります。しかし、それでは居住者の暮らしに不都合が生じることがあるということは想像に難くないでしょう。そこで収納スペースの割合の見直しが行われます。どのような収納スペースが理想的なのでしょうか。

理想的な収納スペースとしての条件は、ものを収納するために十分なスペースがあるということと、それを確保するために収納スペースが大きくなりすぎて、居住者に圧迫感を与えていないということです。この二つの条件が賃貸物件の収納スペースにおいて注意するべきことです。

そのほかお薦め記事

お薦めサイト

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.