賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

賃貸住宅の選び方について

賃貸住宅は基本的に年数が経つにつれ賃料が下がります。同じ立地、間取りならば築年数が浅いほうが高いということになります。新築物件と築20年の家では間取りから設備から大きく違ってきます。住宅の人気は一般的に「より新しく、より安い」物件が人気だと思います。逆にどれくらいなら古くて耐えられないと思うのか、自分の基準を決めると良いでしょう。

例えば給湯器。ボタンを押せば自在に温度を変える事ができます。少し古いタイプですとお湯と水を混ぜ合わせながら調節するタイプになります。更に古いものですと小型湯沸かし器が設置されているところもあるでしょう。3つのなかで選べと言われれば間違いなく自在に温度を変えられる給湯器でしょう。小型湯沸かし器は使ったことがない方もいるのではないでしょうか?しかし、実家で小型湯沸かし器を使った事があれば注意すべきことも知っているのでそんなに抵抗も無いかと思います。またお風呂も正方形の浴槽、ステンレス素材、床がタイルなど築15年は経ってないとお目にかかれない物件。一見古いなあ・・・。と敬遠してしまいそうですよね。しかしよくよく考えると私の実家、思いっきりこのタイプのお風呂なんです。久々に実家に帰るとこのタイプのお風呂に意外に癒されるのです。

一見古くて敬遠されがちな設備でも、実家で使ったことがあったりするとすんなり馴染んだりするものです。築15年の家に20年住むなら水道管などの水周りを心配しなくてはいけませんが、引っ越す事前提であれば格安の物件を選ぶ事ができます。条件を吟味することが自分にとってのお得物件をつかむ一歩になるのではないでしょうか?

そのほかお薦め記事

お薦めサイト

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.