賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

賃貸物件の悩みは収納スペース

一人暮らし用の1Rの賃貸物件などでは造り付けの収納も少なく、小さなクローゼットから服が溢れてしまっている事も珍しくありません。部屋の面積も狭いので大きなタンスも購入できないし、収納に困っている人が多いようです。それでも中には部屋がいつも綺麗という人がいますが、綺麗な人と汚い人の最大の違いは持ち物の量です。部屋が汚いと整理整頓がされていないという事で、似たような服を再び購入したり、無駄が多くなるのです。部屋を綺麗にしたいと思ったらまずは断捨離を決意に、持ち物を見直すことから始めましょう。

持ち物を減らしたら収納スペースの確保です。狭い部屋に大きなタンスは地震が来ると危ないので、お勧めはシステムベッドなど、ベッドを工夫する事です。最近ではロフトベッドの他にも、ベッドの下に引き出しがついていて、服を収納できたり、マットレスを上げるとスキー板のような長さのある物から季節外れの布団まで収納できるタイプのベッドがあります。こういったベッドで収納スペースを確保する事がお勧めです。一人暮らしの荷物であればこれで収納できると思いますが、よく身につける、出しっぱなしにしておきたい衣類や小物は見せる収納を心がけてはどうでしょう。たとえばお気に入りのショップのディスプレイを参考にするのも良いです。ただし、見せる収納は最低限の量で行う事が綺麗に見せるコツです。

そのほかお薦め記事

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.