賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

賃貸マンションの収納スペースを広げるには工夫が必要です

部屋を増築するなど面積を増やすことができる場合は、収納スペースを増やすことは簡単ですが、賃貸マンションのように面積を増やすことができない場合は、収納スペースを増やすことは困難です。このような場合は、デットスペースを上手に利用することを考えるとよいです。棚や部屋の高さに注目して何も活用されていないスペースを有効活用できないか考えると、新たな収納スペースが生まれることがあります。例えば、壁側に大きな収納棚や壁面クローゼット、高さや幅を調節できるラックなどを置いて収納スペースにするという方法があります。前面がデコボコしていると、ゴチャゴチャしているように見えてしまいますので前面の列を合わせるようにするよいです。デットスペースができないように棚の数を多めにして隙間をなるべくつくらないようにした方がよいです。

トイレや洗面所など狭い場所では、上の方のスペースが空いています。ここを上手く利用するには、つっぱり棚をセットするとよいです。タオルなど軽いものであれば置くことができます。部屋のドアにドアフックをつければ、バッグやコートなどをぶら下げることができます。キッチンやお風呂には吸盤フックをつけて、調理道具やスポンジなどをぶら下げることができます。テレビや空気清浄機などの家電を床に置いているなら、テレビ台などをセットしてテレビや空気清浄器を少し高い場所に置きます。その下に収納スペースができます。少し位置が高くなるだけで、収納スペースを確保できます。こうした創意工夫で収納スペースを広げるとよいです。

そのほかお薦め記事

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.