賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

現在の賃貸で困ることは収納が押入れタイプ

和室の収納としては押入れがあります。元々は布団を入れる場所として使われていましたが、ベッドを使っている人であればその場所を他の物を入れる場所にすることができます。奥行きもあって、無くてはならない収納といえるでしょう。洋室の収納といえばクローゼットが知られています。タイプはいくつかあって、開き戸になっていることもあれば、押入れのように引き戸になっていることもあります。部屋を広く使うには引き戸の方が良いようです。

開き戸だと、その手前の部分に物を置くことができなくなります。引き戸ならその心配をする必要がありません。現在住んでいる賃貸は和室で押し入れがあるタイプになっています。収納もたっぷりあって、部屋を広々と使えるようになっています。それは良かったのですが、少し困っていることとしては、隣からの音が聞こえてくることです。物件同士は壁同士になっていることはなく、必ず間に押し入れが入っています。一応直接は聞こえないようになっています。

押し入れがきちんと閉まってくれればいいのですが、開き戸よりもきちんと閉まってくれません。そのために音が聞こえることがあるのです。他人の音が気になりますし、自分の音が他人に漏れないようにしないといけないと思っています。

そのほかお薦め記事

お薦めサイト

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.