賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く

賃貸に暮らす・奥行きの深い収納スペース

賃貸のアパートで、収納がどれくらいあれば、快適に暮らしていけるでしょうか?これは、どれくらいモノを持っているかによっても、違ってきますし、そのモノにどれくらい愛着があるかによっても違ってきます。もし、持っているモノも多く、それらに対する愛着も強い場合は、たくさんの収納スペースが必要となってきます。ただ、この時、収納スペースが広いからといって、奥行きの深い収納スペースがついているアパートにすると、後々、やっぱり、やめておけばよかったとなってしまうので、注意が必要です。

どういうことかというと、ただ奥行きが深い収納スペースは、大きな布団を収納するのには向いていますが、文庫本といった小さなものを収納するには、深すぎます。あまり読まないけど、また読むかもしれないと、収納の深いところに入れておいたマンガなどは、その後、二度と出してくることがなくなってしまうかもしれません。文庫本に適した収納スペースというものが、あるのです。それは、奥行きが、せいぜい15センチもあれば十分なのです。逆に、それ以上深いところに収納してしまうと、取り出しにくいので、収納が生きないことになってしまいます。収納は、やたらスペースが大きいだけではいけないのです。

そのほかお薦め記事

お薦めサイト

Copyright 2017 賃貸の住まいの困り事で鉄製階段の近く All Rights Reserved.